<ruby id="g1m4o"></ruby>
<tr id="g1m4o"></tr>

    <ruby id="g1m4o"><var id="g1m4o"></var></ruby><big id="g1m4o"><acronym id="g1m4o"></acronym></big>
    <ruby id="g1m4o"><ins id="g1m4o"></ins></ruby>

      カイザーだからこそできる、メンテナンスサポート。

      カイザーが考える施工品質(zhì)とは。

      工場(chǎng)が正常に動(dòng)き出してからが、本當の施工完了です。

      ご要望を反映したデザイン性の高い設計をし、設計通りに施工し、
      完成したらそれで私たちの仕事は終わり、というわけではありません。
      実際は、施工の完成ですらありません。

      もちろん施工中もお引き渡し時(shí)にも、動(dòng)作確認や設備チェックはしていますが、設計に対して不便を感じる箇所はないか、全ての設備は正しく動(dòng)いているか、人の動(dòng)線(xiàn)は正しく作られているかといった點(diǎn)は、工場(chǎng)が操業(yè)を開(kāi)始して、そこで働く方達が実際に色々な設備を利用してみるまでわからないのです。

      お引渡後に不具合も不便もなく快適に使えていると分かって初めて、
      私たちの施工は完成したと言えるのです。

      竣工後のメンテナンスまでが品質(zhì)です。

      しかし、施工が完了したからといって、私たちの仕事は終わりではありません。
      時(shí)間が経ってから出てくる不具合や設備のトラブルも理由のひとつですが、何より、お客様ご自身が今後工場(chǎng)の設備をきちんと正しく理解し、メンテナンスをし、長(cháng)く使い続けられるようにサポートしなければなりません。

      著(zhù)工前から設計、施工までの長(cháng)い道のりの中で守られてきたカイザーの品質(zhì)を
      今後も守り続けるために、竣工後のアフターサービスまでがプロジェクトとしての仕事だと、私たちは考えています。

      お客様の業(yè)務(wù)まで踏み込んで、メンテナンス指導をしています。

      分厚いマニュアルは、
      質(zhì)問(wèn)に答えてはくれません。

      よく、設備にの使用やメンテナンスに関する分厚いマニュアルを目にしますが、普段からマニュアルをこまめにチェックしたり。トラブルが起きたときにそれらのマニュアル1つ1つに目を通すというのはあまり現実的ではありません。

      設備の使用やメンテナンスについて理解する最も簡(jiǎn)単な方法は、私たちが直接、その設備の前で説明し、実際にやって見(jiàn)せることだと思います。目で見(jiàn)ることで理解が深まりますし、何よりわからないことがあれば、お客様はその場(chǎng)ですぐに質(zhì)問(wèn)がでるので、非常に効率的です。

      業(yè)務(wù)の引き継ぎフローまで考えて、
      メンテナンス指導をします。

      また、実際にメンテナンス指導を行っても、それを聞いた擔當者が異動(dòng)してしまい、次の擔當者が結局分からない、というのでは意味がありません。
      カイザー獨自に引き継ぎのためのツールをご用意し、 誰(shuí)が擔當になっても情報が正しく引き継がれるように配慮しております。

      10年先も、20年先も、最高の狀態(tài)で工場(chǎng)が使われているように、私たちがしっかりサポートいたします。

      品質(zhì)を保ち続けるための、6つのお約束。

      アフターサービス

      • 01.品質(zhì)を保ち続けるための、8つのお約束

      お問(wèn)い合わせ?資料請求はこちら TEL 090-4300-2792 平日/8:00~17:00 お問(wèn)い合わせフォームへ

      • 中國の企業(yè)誘致?投資環(huán)境を知りたい方へ
      • 実際の工場(chǎng)を見(jiàn)てみたい方へ

      PAGE TOP

      亚洲日韩最全色无码综合|99热国产这里只有精品6|欧美亚洲综合另类型色妞|日本亚洲中文字幕精品

      <ruby id="g1m4o"></ruby>
      <tr id="g1m4o"></tr>

      <ruby id="g1m4o"><var id="g1m4o"></var></ruby><big id="g1m4o"><acronym id="g1m4o"></acronym></big>
      <ruby id="g1m4o"><ins id="g1m4o"></ins></ruby>