<ruby id="g1m4o"></ruby>
<tr id="g1m4o"></tr>

    <ruby id="g1m4o"><var id="g1m4o"></var></ruby><big id="g1m4o"><acronym id="g1m4o"></acronym></big>
    <ruby id="g1m4o"><ins id="g1m4o"></ins></ruby>

      99%の傾聴と、1%のCreativity。

      私たちの設計思想。

      まずはお客様の理想にとことん耳を傾けます。

      私たちが設計し、建設した工場(chǎng)は、お客様が竣工後もずっと長(cháng)く使うものです。だから竣工後にお客様自身が工場(chǎng)を目にして、中に入って、実際に使ってみて、「建てて本當によかった」と思ってもらえる理想の工場(chǎng)を設計しなくてはなりません。

      しかしその「理想の工場(chǎng)」は、設計の段階ではまだ明確な言葉や形になってはいません。その輪郭をはっきりさせるために私たちがしていることは、まずお客様が思い描いている「理想」を全て真摯に聞き、要望をひとつも漏らさずキャッチします。そして次にお客様に関する情報を徹底的に集め、好みや過(guò)去の実績(jì)をとことん分析します。そうして初めて、お客様の理想はようやく輪郭を持ち始め、私たちはそれを元に設計をすることが可能になります。

      要望を再現するだけでは、
      いいデザインは生まれない。

      しかし、ただお客様の要望を引き出し、理想を追求して設計図を描いたからといって、理想の工場(chǎng)にはなりません。その理想を中國という土地で実現するために、現地の事情や資材狀況などを設計に加えなくてはなりません。

      また、お客様自身がまだ気づいていない隠れた要望まで踏み込んで、よりよい案があれば私たちから積極的にご提案します。そこに、カイザーの持つノウハウ、さらにデザイナーのCreativityが加わって、ようやく理想の工場(chǎng)の設計図が完成するのです。

      カイザーのデザイン品質(zhì)とは。

      Creativityを支えるのは、地道な情報収集。
      私たちデザイナーのCreativityは、降って湧いてくるわけではなく、普段の徹底した情報収集から生まれます。
      日本、歐米の最新建築デザインや、トレンドのデザイン、新しい施工技術(shù)、過(guò)去の建築事例など、本や雑誌からだけでなく、実際に足を運び、この目で見(jiàn)て、常に新しいセンスを吸収し続けています。
      そうした日々の努力こそが、私たちのCreativityを支えているのです。

      細部まで図面化することが
      カイザーのデザイン品質(zhì)を守る。
      こうして考え抜いて作られたデザイン品質(zhì)を、竣工するその瞬間までしっかり守り通すためには、タイルの1枚、配管の1本まで、施工の細かい箇所まで全て図面化し、設計図によって管理することが重要です。
      細部まで徹底して図面化することで、現場(chǎng)判斷を極力少なくし、デザイナーの意図が反映されたまま、施工を終えることができます。

      徹底した情報収集と、徹底した図面化、とても細かく、地道な作業(yè)が、カイザーの品質(zhì)を守っているのです。

      設計へのアプローチ

      設計

      • 01.設計へのアプローチ
      • 02.ご満足いただけるデザインのために
      • 03.末端まで図面化する設計品質(zhì)
      • 04.迅速な修正対応を可能にする設計體制

      お問(wèn)い合わせ?資料請求はこちら TEL 090-7533-7895 平日/8:00~17:00 お問(wèn)い合わせフォームへ

      • 中國の企業(yè)誘致?投資環(huán)境を知りたい方へ
      • 実際の工場(chǎng)を見(jiàn)てみたい方へ

      PAGE TOP

      亚洲日韩最全色无码综合|99热国产这里只有精品6|欧美亚洲综合另类型色妞|日本亚洲中文字幕精品

      <ruby id="g1m4o"></ruby>
      <tr id="g1m4o"></tr>

      <ruby id="g1m4o"><var id="g1m4o"></var></ruby><big id="g1m4o"><acronym id="g1m4o"></acronym></big>
      <ruby id="g1m4o"><ins id="g1m4o"></ins></ruby>